Maru-Janプレイ日記

倍満ツモでも2着止まり。絶好調下家の勢いにやられた(--,)

今日はマル雀プロリーグC1の5半荘目をやりました。
最近勢いが凄いわけで、東二局には倍満ツモもあり、
今日もこれは楽勝モードかな~と思いつつも結局は2着でフィニッシュです。
その様子、ちょっとまとめたので興味あればご覧ください…。

倍ツモも2着で終わった今日の対局

まずは本日最初の和了りは東一局1本場での満貫ロン。
ピンズ3面張に一発で9ピンが出てリーチ一発ドラ裏で8000点です。
役なんてないのに満貫です!

そして次局、最終形567の三色を見据えたこのチーリで、
高目の2萬をツモッて最高の倍満!!

河の状態、他家の手配をオープンにして見るとわかりますが、
3面張と言ってもかなり残り枚数的には薄いところを見事積もった形です。


メンタンピンツモ、ハイテイ、三色、ドラ1、赤2・・・
自分でも惚れるような和了り方でしたね。

この時点で・・・
私:50300
上家:24900
対面:7700
下家:17100
という点数状況になり楽勝を確信しました。

ですがその後、下家が爆発し手を付けられない状態に…。
私もダマの親満に刺さったりと、最終的には一気に形勢逆転されました。

そしてオーラスでは2人がトビそうな状況にまでなり、
私もトップからしか和了れない状況だったんですが、
どう頑張ってもトップを取るのは難しいと判断し、昨日に続いて苦渋の2着確保でラストとしました。
最後に対面さんを飛ばして終わりです。

トップ目の下家からの出和了りだけを狙っていましたが、
さすがにこの順目で対面もノーテンで飛ばれる可能性もありましたので、
それなら!と思ってツモを宣言した形です。

ちなみに丸雀プロリーグではトビ賞はないので、
この局面では上がらずに粘ってみても良かったかな、と思いました。
仮に対面がノーテンで飛んだとしても私が獲得するポイントはあまり変わらないわけで…。

であればこの局が流れて次の親番に期待するという手もありました。
どうなって結果論なんですが、こういう状況が何度も起きるとけっこうな差になる、
それが麻雀と言うゲームですからね(^_^;)

[box color="pink" title="Maru-Jan始めるならこのページを読んでGO!"]
オンライン麻雀好きな管理人が日々打っているMaru-Janについてポイントをまとめています!ここを読んでマルジャンの世界に飛び込んできてください!

[/box]

-Maru-Janプレイ日記

© 2021 オンライン麻雀(アプリも)おすすめ発表!ネット麻雀で対局して検証